人気ブログランキングへ

アナリティクス

フトシ
ねぇりょうちゃん。「googleアナリティクス」なんだけど…。
涼すけ
うん?アナリティクスがどうしたの?ちゃんと使ってる?
フトシ
「セッション」と「ユーザー」の違いとか、ジツは僕、ちゃんと意味がわかってないかもしれないんだよね…。
涼すけ
あー。そっかそっか。まだ説明してなかったね。
マロン
私もちゃんとわかってるのか不安…。
涼すけ
聞き慣れない言葉ばっかりで戸惑うかもしれないけど、ひとつひとつの意味はそんなに難しいわけじゃないから安心してね。ここで基本的な用語の意味は押さえてしっかり解析していこう。
フトシ
はい!
マロン
はい!

 

「Google Analytics」でまず押さえるべきはたったの7つ

 

涼すけ

初心者がまず押さえるべき用語はたったの7つしかないんだ。もちろん今後は、いろいろなことを覚えていかなきゃならないんだけど、この7つがまずは重要だからね。

  • セッション
  • ユーザー
  • ページビュー数
  • ページ/セッション
  • 平均セッション時間
  • 直帰率
  • 新規セッション率

 

特に「セッション」「ユーザー」「ページビュー数」に関しては少しわかりづらいかもしれないから、ひとつずつしっかり理解していこう。

 

「セッション」とは

 

涼すけ

じゃ最初は「セッション」からね。これがたぶん一番わかりづらいと思うんだけどね、「セッション」っていうのは「訪問数」のことなんだ。

「人数ではない」から、そこを間違えないようにね。

まずはユーザーさんが検索やランキング、ブックマークなどからブログに来てくれるでしょ。

これはセッション(訪問数)「1」だよね。当たり前だけど。

この訪問してくれたユーザーさんが「SEOの記事」「WPの記事」「文章術の記事」と3つの記事を読んでくれて、ブログから離脱したとするじゃん。

こんなに記事を読んでくれたから「セッション」は「3」の気がするけど、カウントされる「セッション」(訪問数)は「1」なんだ。

フトシ
ふーむ…。
涼すけ

要はね、ユーザーさんがブログを訪問してくれてから離脱するまでの一連の流れのことを「セッション」って言うんだよね。これが後述する「ユーザー数」や「ページビュー数」との大きな違いなんだ。どれだけたくさんの記事を読んでくれても「セッション」は「1」なの。

でもね、30分以上の間隔を空けてから同じユーザーさんが再訪問してくれた場合は、また新たに「セッション」がカウントされて「セッション数は2」になるからね。これがさっき言った「人数ではない」ってことなんだ。

フトシ
なるほど〜。
マロン
なんかわかった!
涼すけ
下のように考えるといいよ。

 

訪問してくれたユーザーさんが何ページ見てくれても「セッション1」

訪問してくれたユーザーさんが1度離脱し30分未満で再訪してくれた場合は「セッション1」

訪問してくれたユーザーさんが1度離脱し30分以上経過した後、再訪してくれた場合は「セッション2」

訪問してくれたユーザーさんがページを開いたまま30分以上放置するとセッションが終了する「セッション1」

 

「ユーザー」とは

 

涼すけ
ここからはわかりやすいからね。
フトシ
ほっ…。
マロン
はいっ
涼すけ

「ユーザー」っていうのは、これはホント単純にブログに来てくれた「人数」のことだよね。さっきの「セッション」は30分以上経過すると新たにカウントされちゃうけど、この「ユーザー」は別の人が訪問しない限りはカウントされないからね。これはわかるよね。

フトシ
バッチです!
マロン
涼すけ
「ユーザー」っていうのは単純は単純なんだけど、僕は何気にけっこう気にしてる数値かな。

 

「ページビュー数」とは

 

涼すけ

この「ページビュー数」もすごく単純でわかりやすいよね。「pv数」なんて言われ方もするんだけど、これは来てくれた訪問者さんたちが実際に開いてくれたページの数のことなんだ。「ユーザー」が「1」でも、その人が10ページ開いてくれたら「ページビュー数」は当然「10」ってことだね。

「pv数○○達成!」なんてよく見るよね。笑

僕は「Googleアドセンス」や「楽天アフィリエイト」を他のブログでやってるんだけど、そういう場合この「ページビュー数」はかなり大切な数値になるかな。

フトシ
これはなんとなくわかってたなー。
マロン
私もーっ

 

「ページ/セッション」とは

 

涼すけ

これはそのまんまだね。笑

「ページビュー数」を「セッション」で割った数値で、つまり1訪問当たり何ページ見てるの?ってこと。

pv数が500でセッションが200だったら「ページ/セッション」は「2.5」になるよね。

大丈夫かな?

フトシ
はいっ
マロン
大丈夫です!

 

「平均セッション時間」とは

 

涼すけ

「平均セッション時間」っていうのは、ブログを訪問してくれた人たちが「どれくらい滞在してくれたのか?」の平均時間のことだね。ある意味、そのブログが訪問者さんにとって「どれだけ有用か?」の指標にもなるんだ。

「平均セッション時間」を伸ばすとSEO的にも有利に働くから、web制作者はこの数値を伸ばそうとして記事中に動画を挟んだりもするよね。

フトシ
ほぇ〜!
マロン
なるほどー。

 

「直帰率」とは

 

涼すけ

「直帰率」っていうのはブログの「1ページのみ」を開いて帰っちゃった人の割合なんだ。

この「直帰率」とはしっかり向き合わなきゃだね。もちろん知りたい情報を得たからサクッと離脱するって人もいるだろうけど、「つまらなそう」とか「読みづらそう」とか「タイトルとの違和感」とか、いろいろな理由で「読まずに」離脱した訪問者さんも含まれるからさ。

この「直帰率」の数値が異常に高いようなら、いろいろと改善するべき点があるんじゃないかな?

マロン
そうかー…。
フトシ
怖いねー…。

 

「新規セッション率」とは

涼すけ

「新規セッション率」っていうのは、アナリティクス上で指定したレポート期間内に、ブログに初めて訪問してくれた人の割合のことなんだ。

これが高いとけっこう嬉しいんだよね。

マロン
わかるー!
フトシ
嬉しいよね!

 

Googleアナリティクスの基本用語7つ まとめ

 

涼すけ

本日はGoogleアナリティクスの基本用語7つの意味について解説してきました。意外と理解してそうで、ジツは曖昧だったこともあったのではないでしょうか?

とっても便利なGoogleアナリティクスですが、言葉の意味を間違えて捉えてしまうと、正しい解析が出来なくなってしまいますので注意が必要です。

アフィリエイトブログを運営する上でアクセス解析はとっても重要なことですので、今後もアナリティクスで表示される言葉の意味はもちろん、実際の使用方法も含めて、数記事に分けて解説していこうと思います。

 

では、本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!

 

 

マロン
トップページはこちらです❤︎

 


人気ブログランキングへ