弱者

涼すけ

今日は「情報弱者」というものを考えてみたいんだよね。

よく略称で「情弱」なんて言われたりするんだけど、聞いたことないかな?

フトシ
なんとなく聞いたことあるような…。

情報弱者とは何ぞや

 

涼すけ

本来は、何かしらの理由でpcなどが使えず情報収集が出来ない場合(金銭面など)や、お年寄りや障害をもった方を指す言葉だったはずなんだけど、なんだか使い方が変わってきてるよね。(以前の解釈は、なんとか環境の変化についてきてもらって、格差を無くしていこうって感じだったはず…。いたわるというニュアンスが強かった気がします。)

最近は、インターネットなどを使いこなせている側が、そうでない側を卑下するような使い方が、どうも一般的になってきてるかな。

フトシ
あー。わかるかも。
涼すけ

まぁ卑下するのはもちろん良くないんだけど、せっかく情報を得られる環境を持っているのに使いこなそうとしないために情報に疎い場合とか、せっかく手に入れた情報を有効活用出来ていないのはもったいないよね。

フトシ
僕まだまだ使いこなせてないな…

 

「情報格差」二極化は必ず進むよ

 

涼すけ

メディアリテラシーなんて言葉が聞こえるようになって久しいけどさ、現在のこの、情報の高度成長時代においては、あまりにも様々な情報が錯綜しすぎててさ、何を信用したらいいのかさえわかんなくなっちゃったりするじゃん。

フトシ
ほんとそうだね〜。
涼すけ

でもね、ネットに書いてあることは全部嘘って決めつけたり、逆にすべてを信用してしまったり。これは極端すぎて良くないかな。本来得られるはずの情報を自分でシャットアウトしちゃってるかも。

たとえばテレビのようなマスメディアの情報だって鵜呑みはダメだよね。だってマスメディアが発信する情報には、広告主の意向ってもんがあるから。そりゃ広告主に都合の悪いことは言えないよね。だからね、マスメディアが発信する情報だけがすべて正しいなんて思うことはとっても危険なんだ。

どんなメディアに対してもなんだけど、依存しすぎちゃうのも、疑いすぎるのもよくない。ここには見極める能力絶対的に必要なんだと思うよ。

フトシ
見極める能力か。うん。
涼すけ
ほかにもさ、マスメディアの情報以外でも、例えばお金を稼いで、豊かで安定した生活をするためには、「できるだけいい大学を出て、できるだけいい企業で会社員としてがんばるしかない!」とか、「サラリーマン以外で身を立てるには国金や銀行でお金を借りて起業するしかない!」とか、いままで当たり前に、真実のように思われていた化石のような「神話」じみた話ってあるじゃん。

こういうのもさ、そんなふうに考えてる時点ですでに「情報弱者なんだよね。

フトシ
たしかに「知ろう!」とか「知りたい!」って思えばいくらでも情報を得ることは出来る時代になったもんね。
涼すけ

例えばビジネスにおいては、結果を出している人は更なる結果を出すし、未だ出せていない人はそのまま現状に止まってしまうことってけっこうあるんだけどね。

情報に関しても似たような事態になっちゃうのかなって。情報を持っている人は更に深く詳しく重要な情報を得ていくだろうし、もともと情報をもっていない人は当然現状のままなんだろうって思う。

フトシ
格差はどんどん広がっちゃうの? どうすればいいんだろ…。

情報二極化

 

「情報弱者」はどうすりゃええねん。

 

涼すけ

まず、「情報弱者になりたくない!」って気持ちや、「知ろう!」っていう意識当たり前に必要だよね。このふたつは「ある」前提 で話すよ?

でもそこから先はけっこう簡単だと思うな。

フトシ
カンタン!!? オネガイシマス!!

①デバイス

涼すけ

まず持ち物なんだけど、デバイスは最新のイイやつ(pcとかスマホのことです。)使ったほうがいいよ。やっぱそれを使ってること自体も当然楽しくなってさ、これだけで情報取得能力の上達速度は圧倒的に変わってくるから。

「そんな高いのはいらない!」はちょっと違うかも。

特にwebビジネスを生業とするなら商売道具だからね。これは「浪費」ではなく完全に「投資」に当たると思うよ。

「消耗品だから安いやつで十分!」って言う人もいるんだけど、そういう判断が出来るってことはすでに上級者だし、そもそも情報弱者ではないんだ。

これがひとつ目ね。

フトシ

たしかにそうかも!!

昔さ、バスケ部に所属してたんだけど、新しいバッシュ(バスケットシューズのことです。)買うと、やっぱ練習楽しかったもん!!あんなに練習大っ嫌いだったはずなのに!!

涼すけ
うん。ほんと、そんなもんだよ。笑

②まじでアンテナびんびん

涼すけ

ふたつ目はね、例えば休日にさ、「今日はな〜んも考えないでゴロゴロしよっ!」って思いがちじゃん。

これ、アウト。

仕事に関わる情報をシャットアウトしたい気持ちはよくわかるけど、「情報弱者」から抜け出したいなら、情報は365日収集するつもりでいたほうがいい。アンテナをビンビン張ってさ。べつに会社から命令されてやってるわけじゃないんだからけっこう楽しいよ。情報収集って。

フトシ
ぼく完全にそれです…。

③発信(アウトプット)ありきで情報収集(インプット)

涼すけ

最後のみっつ目。これはめっちゃ重要。

得た情報をね、自分で消化して(よく考えて)発信(アウトプット)してみるといいよ。べつにこういうブログに限ったことじゃなくて、TwitterやfbなんかのSNSでもいいと思うし。

人に何かを伝えるために発信するのってけっこう勇気のいることだし、そこには「責任」が発生するじゃん。だから発信ありきにすることで、情報を得るという行為に対する姿勢自体が変わって当たり前だよね。これは成長するよ。

フトシ
ほんとそうだ!
涼すけ

この3つをまずは実践してみるといいよ!自分でも信じられないくらい、本当に情報がワンサカ入ってくるようになるから!(筆者マジで経験済。ビビります。)

「情報弱者」まとめ

 

  • 情報弱者の本来の意味は、何かしらの理由でpcなどが使えず情報収集が出来ない人(金銭面など)や、お年寄りや障害をもった人を指す言葉。
  • 最近はインターネットなどを使いこなせている側が、そうでない側を卑下するような使い方が一般的になってきている。
  • 卑下するのは良くないが、情報を得られる環境を持っているのに使いこなそうとしないために情報に疎い場合や、せっかく手に入れた情報を有効活用出来ていないのはもったいない。
  • 二極化は必ず進む。情報弱者にならないためには情報を見極める能力が絶対的に必要。
  • 今後は情報を持っている人は更に深く詳しく重要な情報を得ていく。逆にもともと情報をもっていない人は現状のままの恐れ。
  • デバイスは最新スペックを敢えて使う。それを使ってること自体が楽しくなり、情報取得能力の上達速度が圧倒的に変わってくる。
  • 情報弱者から抜け出したいなら、情報は365日収集するつもりでいたほうがいい。アンテナをビンビン張る。
  • 人に何かを伝えるために発信するのは勇気や責任が必要。つまり発信ありきにすることで、情報を得るという行為に対する姿勢自体が変わる。

 

涼すけ

今日は「情報弱者」や「情報格差」についてお話させていただきましたが如何でしたか?

もちろん僕もまだまだ勉強中ですし、知らないことの方がもちろん多いです。

でも本当に「知らない」ということだけで損しちゃうことってたくさんあるんです。わざわざ親切にお知らせしてくれる優しい人なんてなかなかいませんしね。自分で「知ろう!」と思う気持ちがとっても大切なんですよね。

僕もアンテナをビンビン張って、もっともっと読者さんに有益になるような情報を集めていきたいと思います!

今日も最後までお付き合いくださってありがとうございました!

 

 

 

トップページに戻る

 

 

マロン
 ランキング参加中です!ポチッと!!お願いします!!