涼すけ
んじゃさっそく『ペンギンアップデート』

フトシ
オネガイシマス!

ペンギンアップデートとは何ぞや?

ペンギン

涼すけ

「ペンギンアップデート」っていうのは、2012年4月に導入されたGoogleのアルゴリズムアップデートでね、

検索者の入力した検索クエリに対して、ブラックハットSEOを行っているゴミサイトの検索順位を下げて、ホワイトハットSEOを行っている良質なサイトの検索順位を上げることを目的としてるものなんだ。

ブラックハットとホワイトハット

Googleの検索アルゴリズムアップデートには大小含め様々なものがあるんだけど、中でもペンギン・アップデートは、スパム行為やウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているゴミページに対して検索結果の順位を下げるとされているの。

Googleは、アルゴリズムに対して様々なアップデートを重ねることで、質の高いWebページを検索結果の上位に表示し、検索者の元へ届けることを目的としているから、ペンギン・アップデートもその一環と言えるよね。

フトシ
ふむふむふむ。

涼すけ
パンダアップデートと今回のペンギンアップデートは…

 

『パンダアップデート』 良質なコンテンツをより高く評価することを焦点としている

『ペンギンアップデート』 ホワイトハットSEOを行っているサイトを高く評価すること(=SEOスパム対策)を焦点としている。

 

 

涼すけ
っていう違いがあるんだ。

涼すけ

自作自演リンクとかの過度なSEOを行うと、検索順位が低下したりペナルティを受けることがあるんだけど、 その原因の大半はブラックハットSEOを排除するために行われているこのペンギンアップデートと呼ばれるGoogle先輩のギロチンチョップの洗礼なんだ。

でもそれは言い換えると、ペンギンアップデートを正しく理解すれば、現在行っている施策や、SEO業者が売り込んでくる施策は、本当にやるべきものなのかどうかが判断できるようになるよね。

わざわざギロチンチョップ喰らうための作業に没頭してる人は、まじで脳みそスッカスカだと思う。

フトシ
なるほどね〜。

 

ギロチンチョップを喰らうゴミサイトの特徴

 

涼すけ

繰り返しになるけど、ペンギン・アップデートはGoogleのガイドラインに反する行為全般に対して評価を下げるアップデートなんだよね。中でも最も大きなインパクトを受けるのが、以下のようなwebサイトから多くのリンクを集め、順位を向上させていたゴミサイトなんだ。

  • 他サイトのコンテンツを集めて加工しただけの質が低いゴミサイト
  • 検索者にとって意味のないリンク集のゴミサイト
  • SEOだけを目的とした意味のないリンクネットワーク

などなど。

つまり一部のSEO会社が販売するような質の低いゴミリンク集、SEO目的だけで行われている過剰な相互リンク、誰でも登録できるようなSEOのために登録されるディレクトリ登録サイト、自動でリンクが増える仕組みのリンクプログラムなど、SEOで過度なテクニックを施しているスパムページが検索結果上位にこないように、その評価をガッツリ下げられたんだ。すばらしいね。

フトシ
こんな人たちばっかじゃ、検索エンジンを信用できなくなっちゃうもんね。ほんとに。

 

僕らwebサイト運営者が持つべき思考

 

涼すけ

検索順位を決めるアルゴリズムはペンギン以外にもたくさんあるんだ。つまり、自サイトの検索順位が下がった理由がペンギンだと断定するのは難しいし、それを探すという作業は、本当に無意味で不毛なんだよね。メリットが何もないんだ。

どのアップデートが原因で検索順位が下落したのかを追求するより、なにがいけなかったのか胸に手を当てて考えてみたらいい。

パンダアップデートのときも言ったけどさ、Googleのアルゴリズムアップデートをすり抜けるためのサイト構築に注力するより、検索者に対して良質で有用な情報を提供することを念頭に置いてサイト構築を行った方が最終的にはずっといい。

なんか、いちいちアルゴリズムアップデートを気にして左右されんのも、めんどくさいじゃん。

フトシ
時間がもったいないよね。

涼すけ

低品質なゴミコンテンツをあの手この手で検索上位に表示させようとするブラックハットSEOよりも、出来るだけ多くの人に良質なコンテンツを届けようとするホワイトハットSEOに集中して取り組んだほうが、絶対にいいじゃん。やりがいもあるでしょ?

フトシ
うん!!

涼すけ
行うべきホワイトハットSEOを大きく分類すると以下の3つに分かれるんだ。

 

  • コンテンツSEO:検索上位に表示されるだけの価値があるコンテンツを作ること。より利便性を高めるためのサイトデザインの改善も含まれる。
  • クロール最適化:SEO内部対策の一つ。クローラーが巡回しやすいように、サイト構造や内部リンクを最適化すること。
  • インデックス最適化:SEO内部対策の一つ。Googleのランキングエンジンが、コンテンツを適切に評価できるように、そのページのHTML構造を最適化すること。

 

涼すけ

ちゃんとやるとなると大変だけどさ、この3つだけを行っていれば、必ずその努力は報われるんだよ。

本来あるべき検索順位よりも上に表示させようとしていると将来的に確実にペナルティを受けちゃう。当たり前だよね。そんなことしても意味ない。

技術的にもコンテンツの質的にも、検索上位に表示されるべきサイトを作るという意識をちゃんと持ってSEOを行うべきなんだ。

やるべきことってさ、本当はすごくシンプルで明確なんだよね。そのやるべきことをやれば確実に集客につながるよ。

フトシ
よくわかったよ!ユーザー目線、ユーザーファーストはオンラインでもオフラインでも一緒なんだね!

僕、がんばっちゃうもんね〜っ!

涼すけ

 

 

 

トップページに戻る

 

 

 

マロン
 ランキング参加中です!ポチッと!!お願いします!!