マロン
 ランキング参加中です!ポチッと!!お願いします!!

 

アンカーテキスト

フトシ
ねぇねぇ、りょうちゃん…
涼すけ
どうしたの?フトシくん。
フトシ

知らない言葉が出てきてさぁ。

『アンカーテキスト』ってなに?

涼すけ

おっ。

いろいろなことを勉強してる証拠だね!インターネットの世界では日常生活でほぼ登場しないような言葉が飛び交ってるからねー。

ためになりそうな記事を読んでても、単語がひとつわからないだけで文脈が掴めなくなったりもしちゃうもんね。

フトシ
ほんとそうなの。困っちゃうよー。

 

アンカーテキスト【anchor text】って何じゃろか

 

涼すけ

『アンカーテキスト』

っていうのはね、HTMLソース上だと、例えばこんな感じ。

<a href=”http://ryousuke9.com/”>涼すけブログ</a> なの。

アンカーテキストの理解は、内部的(ブログ内)なSEO対策を行う上で避けては通れないもののひとつなんだよ。「ブログのユーザビリティ向上」「SEO効果を高めていく」ために、とっても重要な役割を担っているんだ。初心者の今だからこそしっかりと身に付けちゃおうね。

アンカーテキストって具体的にどんなヤツかっていうとさ…。

実際に閲覧してるサイト上では『涼すけブログ』って表示されて、ここにカーソルを合わせると色が変わるヤツわかる?

んで実際にクリックすると違うページに飛ぶヤツあるじゃん。あれあれ。

フトシ
あーっ!!あれか!!
涼すけ
そうそう。笑

涼すけブログ ←これね。

 

アンカーテキストの役割

涼すけ
アンカーテキストの役割は大きく分けて2つあるんだ。少しだけ掘り下げて、それぞれ解説するね。
フトシ
お願いします!!

①SEO対策

涼すけ

まずは「SEO対策」だね。よくアンカーテキストには狙ってるキーワードを含めるほうがいいって言われるんだけどこれって、GoogleのSEO対策においてすごく重要で、位置づけ的には、一丁目一番地で基本中の基本って言われてるの。

自分のサイトへのリンクのアンカーテキストに、SEO対策で自分が目標とするキーワードが多く含まれている場合、検索エンジンはそのキーワードがページ内の重要なテーマだと理解してくれるんだよね

つまり検索ランキング上位表示を手助けしてくれるわけ。

やっちゃいけないヤツはここをクリック!! みたいなやつね。これじゃ、検索エンジンが理解出来ないから。

フトシくんにわかりやすいように説明するとさ、例えば「キャバクラの料金」っていう記事を書いてたとしてさ、そんで別の記事にその「キャバクラの料金」ってアンカーテキストを貼ったとするじゃん?

そうすると、「あー。この先はキャバクラの料金に関するページなのね。」って検索エンジンが自分でわかってくれるわけ。

ただ、SEO対策全般に言えると思うんだけどね、検索順位の上昇をあまりにも意識しすぎるとよくないかな。

今回のもやりすぎるとアンカーテキストがキーワードだらけになっちゃうから気をつけようね。

たとえば、「キャバクラ好きがキャバクラ料金に関する事を知りたければ、キャバクラ.comでキャバクラ制覇!」みたいなアンカーテキストは最悪。

あんまり不自然すぎると逆に検索順位が下がっちゃったりするし、そもそも人が見て不自然なものはダメだね。なんか怪しいじゃん。

フトシ
なんかたまに見たことあるかも。そういうの。
涼すけ
SEO対策はとっても大切だけど、あんまりマニアじみたことは避けたほうが賢明だよ。こういうのは適切にね。
フトシ
はい!

 

②ユーザビリティ向上

涼すけ

もうひとつは「ユーザビリティの向上」なんだけど、例えば下図はこのブログをカテゴリー毎にまとめたものなんだ。こんなふうに整理整頓してあると、訪れてくれたユーザーさんは自分の興味があるページを選んで、迷わず進むことが出来るでしょ。

フトシ
ほんと、自分で選んで進めるね!

 

アンカー1

 

涼すけ

下図はこのブログの「ナビゲーションメニュー」(ページの上部にあるメニューのことです)なんだけど、「ここは何のwebサイトなのか?」って瞬間的にわかるでしょ?このナビゲーションメニューが設置されてる位置って、無意識に視線が集まる位置だから特にわかりやすいアンカーテキストにしておくといいんだ。

フトシ
たしかに、「アフィリエイトをこれから始めたい人」「初心者の人」のためのブログなんだってことが、一目でわかるわ〜…。

 

アンカー2

 

涼すけ

ブログ内のアンカーテキストすべてを適切に設置してあげれば、「そのブログは何について書かれているブログなのか?」っていうのを検索エンジンや訪問者さんに理解してもらうのを助けてあげることが出来るんだよ。

そうすることによって結果的にすべてのページが検索エンジンに正しくインデックスされたり、ユーザビリティが向上したりするんだよね。

フトシ
なるほどな〜。

 

アンカーテキストを貼る方法

 

涼すけ

じゃ、実際にアンカーテキストを貼っていくよ。最初は戸惑うかもしれないけど、まずは僕の解説通りに進めていけば必ず貼れるから安心してね。

フトシ
はい!
涼すけ

まず最初に、貼りたいページ(リンク元)の投稿ページに入って、下図画面の上部にある「パーマリンク」をコピーしてください。

アンカーテキスト1

 

涼すけ
編集している元のページ(実際に記事を書いているページ)に戻って、下図画面の上部にある「リンクボタン」をクリックします。

 

アンカーテキスト2

 

涼すけ
すると下図画面のように表示されますので、クリックしてください。

 

アンカーテキスト3

 

涼すけ

下図画面のように暗くなり入力欄が表示されます。赤枠で囲われた「URL」に先ほどコピーした「パーマリンク」を貼り付け、「リンク文字列」という箇所には、実際に表示させたい文字列を入力してください。先述しましたが「ここをクリック!」や、キーワードを入れまくるのはやめましょう。

入力が済んだら、「リンク追加」をクリックしてください。

 

アンカーテキスト4

 

涼すけ
下図画面の下部に表示されてます。これでリンクされました。

 

アンカーテキスト5

 

フトシ
お〜っ!!ほんとだ!!
涼すけ
カンタンでしょ?
フトシ
めちゃめちゃカンタン!!
涼すけ
じゃアンカーテキストの意味はわかったかな?
フトシ
ばっちです!!

 

「アンカーテキスト」 まとめ

 

  • アンカーテキストの理解は内的SEO対策を行う上で避けては通れないもののひとつ。ブログの「ユーザビリティ向上」や「SEO効果を高めていく」ために重要な役割を担っている。
  • アンカーテキストに、SEO対策で自分が目標とするキーワードを多く含ませると、検索エンジンはそのキーワードがページ内の重要なテーマだと理解する。
  • キーワードを詰め込みすぎたりして不自然なアンカーテキストにすると、検索順位が下がることがある。そもそも人が見て不自然なものは論外。
  • ブログをカテゴリー毎にまとめ、整理整頓しておくと、訪れたユーザーはその中から自分の興味があるページを選び、迷わず進むことが出来る。(ユーザビリティ向上)
  • ブログ内のアンカーテキストすべてを適切に設置してあれば、「このブログは何について書かれているブログなのか?」ということを検索エンジンや訪問者に容易に理解させることができる。

 

涼すけ

以上、アンカーテキストに関して解説してきましたが如何でしたか?アンカーテキストの役割や重要さが伝わったのではないでしょうか?

そもそもSEOのためというよりは、普通の感覚で「ユーザビリティ向上」を主語にすれば、おかしなアンカーテキストには、まずならないです。

アンカーテキストを適切に使いこなすことが出来るようになるとコンテンツ作成もすごくスムースになるんですよ。ぜひ初心者さんのうちにばっちりマスターしちゃいましょうね!

本日も最後までお付き合い下さいましてありがとうございました!

マロン
ばいばい❤︎
フトシ
マスターしちゃうよ!

 

 

トップに戻る

 

 

マロン
 いつも応援ありがとうございます!ポチッと!!