「アドセンスの平均CPCってどれくらいなの〜…?」

「他の人のアドセンスブログってやっぱクリック単価も良いのかな?」

「つーか、クリック単価ってどうやって上げんだよっ!!」

 

おやおや?

そんなことが気になるってことは、だいぶアクセス数が上がってきてる証拠ですかね〜?

イイ感じじゃないですか〜!

 

こんにちは!涼すけです!

アドセンスを本気で実践しているからこその悩み…

 

クリック単価!!

 

気になりますよね〜。

他人様のクリック単価やクリック単価の上げ方♪

 

マロン
クリック単価って…。あれよね?

 

はい。

「CPC/クリック単価」というのは、あなたのブログに貼ってある広告がクリックされたときの「1クリック当たりの平均単価」のことです。

この「クリック単価」も以前お話した「クリック率」同様にとっても大切な指標ですからね。

 

【参考】グーグルアドセンスのクリック率の平均って!?CTRアップで報酬は雪だるま式!!

 

pv数やクリック率が同じだった場合、クリック単価が違えば当然ですが報酬が激変します。

マロン
ゲキヘンっ!?

 

はい。そうですよ。

てゆーかですね。

アドセンスは、そのクリック単価次第で

 

pv数(アクセス数)よりもたくさんの「アドセンス報酬」を得ることも可能なんです。

 

マロン
すっげーっ!!

 

そんなわけで今回はですね、「アドセンスのCPC(クリック単価)」について徹底解説しちゃいますよ!

世のアドセンスブログの「平均クリック単価」から、その「クリック単価の上げ方」まで涼すけがコソコソとまとめてみましたのでぜひ最後までじ〜…っくり読んでみてくださいね♪

まさに…

「要チェックや…!」

です。

(陵南の彦一風に。涼すけは今スラムダンクにハマってます。今日も15時から近所の体育館でバスケです。)

 

 

アドセンスの「クリック単価」の平均は?

まずはコレですね。

アドセンスの「平均クリック単価」

マロン
やっぱ平均って気になるわよね!

 

気になりますよね。

涼すけも初心者のころ、めちゃめちゃ他人様の単価を調べましたもん。笑

マロン

 

あくまで一般的に言われていることですが、世のアドセンスブログの平均クリック単価は

30円〜35円

と言われてます。

つまり一回広告をクリックされたら、30円〜35円がお財布にチャリンされるわけですね。

(もちろん100円の広告もあれば10円の広告もありますよ。)

 

まぁ計算なんてしなくても「アドセンス掲載結果」に表示されますが、一応計算方法も…

アドセンス報酬 ÷ pv数(アクセス数) ÷ クリック率

これが「クリック単価(CPC)」になります。

 

マロン

ふむふむ。

アドセンス報酬は「pv数×クリック単価×クリック率」

よね?

 

その通りです。

せっかくですので試しに「pv数」と「クリック率」が同じだった場合、「クリック単価」が違うとアドセンス報酬がどれくらい変わってくるのか計算してみます。

以前お話したとおり、アドセンスの「平均クリック率」というのは「1%」と言われてますのでそれを基にしていきましょう。

 

では仮に「pv数」が100、「クリック率」が1%で、広告の単価が20円と30円の場合で比較してみます。

【クリック単価20円の場合】

「pv数100」×「クリック率1%」×「広告単価20円」=アドセンス報酬20円

【クリック単価30円の場合】

「pv数100」×「クリック率1%」×「広告単価30円」=アドセンス報酬30円

 

マロン
あんまり差がない…。

 

たしかにそうですね。

20円と30円ではその差はあまり感じません。

 

でもですね。

 

コツコツと有益な記事を積み上げていったブログのpv数が100pvなんてことは絶対にありえません。

例えば…

「1,000pv」なら200円と300円

「10,000pv」なら2,000円と3,000円

「10万pv」なら20,000円と30,000円

「100万pv」なら20万円と30万円

となって、その差額はなんと10万円です。

マロン
じゅうまんえん!
マロン
でも…。

 

100万pvなんて絶対無理!

なんて思います?

いえいえ。

 

たしかに「月間pv数」で考えれば「100万pv」というのはひとつの壁ですし、

もちろん涼すけ自身もまだ未達成です。(2018年現在)

 

それなら年間で考えてみませんか?

「年間100万pv」というのはぜんぜん無理なスコアではなく、むしろ当然のごとく達成出来るんですよ。

 

だって。

 

月間に換算するとそのpv数って「83,000pvちょっと」の話ですからね。

これって「1日/2,700pv」程度です。

わかりますよね?

この程度のpv数でも、年間10万円もの差が出てきてしまうくらい「クリック単価」というのは重要な指標なんです!

ちなみに涼すけのアドセンスブログのクリック単価は…。

web上には様々なアドセンスブログがありますが、クリック単価というのは本当にそれぞれで、中には「クリック単価100円超え」なんてブログもあれば、逆に「クリック単価10円以下」なんてブログまであるんです。

マロン
100円超えはすごいね!

 

ちなみに涼すけが運営するアドセンスブログの「CPC」はなんと平均で「20円弱」です。

なかなかの低さでウケますよね。笑

 

しかーし。

 

ワタクシのブログはその分「クリック率」が超人的に高いので、そこでガッポリいっちゃってるんです。

下一覧表は「とある期間」のアドセンス掲載結果です。(規約上、ジッサイのスクショを公開できないのが残念です。)

 

ページビュー RPM 表示回数 クリック数 CPC ページCTR
49.6万 ¥654 263万 1.73万 ¥19 3.48%

※「CPC」がクリック単価、「ページCTR」がクリック率です。

 

正直、「平均クリック単価」の「35円」を達成してるブログより稼いじゃってますから。

あとで証明してみせますのでお楽しみに〜♪

アドセンスのクリック単価を上げる方法なんてあるの?

あります。(一応。)

これはですね、ひっじょ〜にカンタンな方法で上げることが出来るんです。

マロン
ほんと!?

 

はい。ホントにホントです。

「じゃーなんでオマエはやらねーんだ?」

って話になりそうですが、そこは「いろいろ忙しくて」という感じです。はい。

 

クリック単価が低いなら高くすればイイだけの話で、要は「クリック単価が高い広告が配信される特化ブログ」を作っちゃえばいいだけの話なんです。

マロン
クリック単価が高い広告が配信される特化ブログ…。
マロン
でも、そんなのわかんない…。

 

あー。

むずかしく考えないでくださいね。

 

方法はめちゃめちゃカンタンです。

単価が高い広告が配信されるブログの代表例というのは

 

不動産関係や金融関係などです。

 

不動産に関連する特化ブログを作れば、そこに訪れるのは「今現在、不動産に興味がある人たち」ですし、金融に関連する特化ブログを作れば、そこに訪れるのは「金融関係に興味がある人たち」です。

ご存じの通りアドセンス広告というのは「記事内容」や「閲覧者が過去に検索した情報」に関係する広告を配信するようになっています。

ですので、高単価な広告が自動的にバンバン表示されるというワケなんです。

わかりますよね?

結果、あなたのクリック単価はグングン上昇しちゃうんですよ〜♪

 

しーかーも。

 

例えば不動産でしたら、もう家を「買う体(てい)」の人が閲覧しますし、例えば金融関係でしたら、もうお金を「借りる体(てい)」の人が、様々な情報を収集してるので興味のある広告はどんどんクリックしてくれるんですねー。

マロン
すごーい!

 

とは言いつつも…。

注意点として、この手のテーマは「ウルトラ激戦区」、つまり「あたりが血に染まったレッドオーシャン」です。

初心者が丸腰で参戦するのはちょっと無理がありますからね。

ちなみに涼すけも初心者のころ、「エステ関係」に手を出して見事に撃沈してます。

クリック単価が低いものは避ける。要は視点を変えるってこと。

物事を考えるときに「視点を変えてみる」というのはとっても大切ですよね。

世の中をひとつのモノサシで見てはいけません。

「クリック単価を上げる」方法は前述しましたが、そうではなく「クリック単価を下げない」というふうに考えてみることだって大切なことです。

やり方としては「クリック単価を上げる方法」の反対で「クリック単価を下げてしまうようなテーマで記事を書かない」ということになります。

マロン
クリック単価を下げちゃうテーマって…。

 

はい。

カンタンに言えば「子供向けのネタ」です。

小学生、中学生はもちろん、高校生や大学生に向けた記事もダメですねー。

そもそも学生さんって広告をクリックしてくれませんし、クリックされたとしても「単価が低い広告ばっか」なんです。

マロン
そっか〜…!

 

※「子供向けのネタはやめたほうがいい」とは言いましたが、例えば「小さなお子さんがいらっしゃるママさん向けのテーマ(ネタ)」はもちろんOKですからね。(オムツとか夜泣きとかテーマパークとかハロウィンとか)

クリック単価よりクリック率のほうが重要?

さて。

少し話を戻します。

さきほど涼すけは『「平均クリック単価」の「35円」を達成してるブログより稼いじゃってますから。』なんて、「クリック単価20円弱」のくせに生意気なことを言ってましたね?

そのあたりのお話を少し。

 

前出の「アドセンス掲載結果」の通り、涼すけが運営するアドセンスブログの「クリック単価」は「19円」で、恥ずかしいほど低い数値です。

世の「平均クリック単価30円〜35円」には遠く及びませんよね。

しかし。

基本的にはその「平均クリック単価35円」のブログよりも稼いでいると思いますよ。

 

ちょっと計算してみましょう。

 

前出の「涼すけが運営するアドセンスブログ」の掲載結果によりますと…

 

「pv数」/49万6,000pv

「クリック単価」/(恥ずかしながら)19円

「クリック率」/3.48%

 

です。

アドセンス報酬は

pv数×クリック単価×クリック率で算出しますので

この時の涼すけのアドセンス報酬は「32万7955円」ということになります。

(49万6,000pv×19円×0.0348)

 

では、世のアドセンスブログの「平均クリック単価」と「平均クリック率」で「49万6,000pv」集めたときのアドセンス報酬はというと…

 

「pv数」/49万6,000pv

「クリック単価」/35円

「クリック率」/1.00%

 

ですので、49万6,000pv×35円×0.01=「17万3,600円」

にしかならないわけです。

 

ちなみにですが、仮にクリック単価が50円あったとしても「24万8,000円」です。

 

ふっふ。

わかります?

 

手前味噌で誠に恐縮ではありますが「クリック単価」が平均の35円を超えている場合よりも涼すけは稼げちゃってるわけなんです♪

もちろん

「クリック単価なんか関係ねーよ!」

「クリック率がすべてだぜ!」

と言っているわけではありません。

 

要は結果がすべてで「自分が意図した通りのやり方で報酬をしっかり獲得できているか?」が大切ってことなんです。

以前、「クリック率を上げるための広告の種類」を解説した記事でもお話しましたが、ポイントは「どういうふうに読者さんを誘導して、結果どこをクリックさせるか?」だと思うんですよね。

 

➡ アドセンス広告の種類はどれを選ぶ!?クリック率は驚異の3.4%を継続中!!

 

涼すけは「わざと」クリック単価の低い広告を大量にクリックさせてるわけなんです。

マロン
そっか!だから涼ちゃん的にはクリック単価は低くなっちゃってもいいんだ!?

 

その通りです。

アドセンス報酬は自分の意図したとおりに獲得できてるわけですから。

「なんで自分のブログはクリック単価が低いんだ…。」

なーんて悩んじゃってるあなたも、しっかり作戦を立てて臨めば、もう他所様の掲載結果なんてまったく気にならなくなりますからね♪

「アドセンスぼろ儲け街道」をゴリゴリ驀進しちゃってください!

 

ただ。

 

まだキチンと「アドセンスの基礎知識」を勉強したことがないという人は気をつけてくださいね!

良かれと思って立てた作戦が裏目に出ちゃうこともあります!

マロン
裏目はイヤだな…。

 

今回のクリック単価やクリック率のことも含めてですが、早い段階で「アドセンスの基礎知識」を習得し、ガッツリ収益をあげたいのであれば、「グーグルアドセンスに特化した専門マニュアル」を読んでみるといいかもしれません。

 

ぶっちゃけ涼すけだってこんな「知った風」なゴタクを並べてますが、結局は涼すけの知識だって基本的なことは「アドセンスマニュアル」の受け売りですから。笑

マロン
そうなのー!?

 

アドセンスって、結果が出るまでの半年から数ヶ月は本当に色々あって厳しい道のりですが、その後は本当に…

「人生は夢だらけ…❤︎」

って思っちゃいますよ!

マロン
人生は夢だらけ!?

 

はい。ほんとうに涼すけは毎日そう思ってますよ♪

涼すけが読んで勉強し実践した「アドセンスマニュアル」は以下の記事でわかりやすくまとめてますので、興味がある人は読んでみてくださいね^^

「買う」「買わない」はとりあえず置いといて、チラッと見てみるだけでもいいんじゃないですか?

ワクワクソワソワが止まらなくなりますから( *´艸`)

あ。ちなみに涼すけの「リアルなアクセス数」や「嬉し恥ずかしアドセンス報酬」もセキララに書いちゃいましたよ〜♪

 

 

「初心者向けアドセンスマニュアル」を見てないフリしてチラ見する

 

 

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた^^