こんにちは!涼すけです!

前回記事ではアドセンス報酬の目安になる「アクセス数(pv数)」「平均クリック単価」「平均クリック率」などについて具体的に解説してきました。

 

【関連】アドセンス収入の目安!!平均クリック率やクリック単価は!?アクセス数(pv数)を上げるコツも詳しく解説!!

 

どうです?

いろいろとわかってきたんじゃないですか?

マロン
うん…。ちゃんと理解はした…。んだけど…。

 

あれれ?どうしました?

もしかして…!

 

「いまさら後発組がアドセンスなんてやったって、どうせ稼げないよ…。」

「なんかアドセンスって時間ばっかし取られちゃって、ぜんぜん報酬が入ってこない…。」

「2ヶ月も毎日毎日ず〜っと記事書いてるのに…。もうやめよっかな…。」

 

なんて考えちゃってませんか!?

マロン
うん…。

 

ありゃ〜。

それ完全に「初心者あるある症候群」ですよ!

ネットに散見される無責任な記事を真に受けちゃって、心が干からびそうになっちゃってるそこのあなた!

マロン
はいっ!

 

だいじょうぶですから。

 

「グーグルアドセンス(GoogleAdSense)」は、月に5万〜10万円程度でしたら本当に稼げます。(断言)

もちろん「やめる」のは自由ですから止めませんけど、そんな人も最後にこの記事だけでも読んでみてくださいね。

 

きっとご自身の間違いに気づくはずです。

 

アドセンスが儲からないなんて言う人はいったいどんだけの大金が欲しいんだ。

「いまさらアドセンスなんてやめとけやめとけ。どうせ稼げないから。」

なんて言う人がいます。

マロン
うん…。

 

まぁ「稼げた」「稼げなかった」の範囲って人それぞれですから、別に良いんですけど、そういう人っていったいいくら稼げたんでしょうね?

そんでどれくらいの期間アドセンスをやってみたんでしょう?

 

謎です。本当に。

 

意気揚々と2ヶ月とか3ヶ月とかやってみたはいいけど、1万円も稼げずに「理想と現実のギャップ」に撃沈したんじゃないっすか?

 

おいキミ…。

そんなん…。

やったウチに入んねぇぞ??

 

ってフツーに思っちゃいます。

もちろん月収「数百万円」とか「数千万円」を基準にしている人にとっては「アドセンスなんて稼げない」でしょう。

でも。

ぼくら一般庶民ですよね。

たとえば手取り月収30万円程度のサラリーマンの副業で考えた場合の「アドセンス収入10万円」って本当に「稼げてない」ですか?

マロン
稼げてる!

 

しかもこの10万円って、

「なにか」

「だれか」

「どこか」

拘束されて「自分の大切な時間の対価に得た報酬」ではありません。

 

不労所得の10万円です。

 

もちろん最初は「不労」ではありませんよ?

一生懸命、読者さんのためになる記事を書いていかなくてはなりません。

そして「すぐに」報酬になることもありません。

 

涼すけも最初に5万とか6万の報酬を得るまでに半年以上かかりましたし、20万の報酬を得るまでに1年2ヶ月かかりました。(アドセンス17万円程度にASPと楽天を合わせた額)

【証拠画像】

 

でもですよ?

それ以降は完全に不労所得を手にしているんです。

記事なんて2ヶ月以上書いてません。

それでも報酬が入り続けてますし、なんなら増え続けてる状態です。

アドセンスで稼ぐことは可能と断言したい。

たしかに前述の通り、アドセンスというお仕事は「始めて数ヶ月で数十万円、数百万円」みたいな「ド派手」な金額は稼げませんし、まとまった報酬を得るまでにはけっこうな時間も必要です。

しーかーし!

「稼げない」なんてことはまずありえません。(ちゃんとやればですよ?)

「数ヶ月後に月収5万円の継続収入」「1年後に月収10万円の継続収入」などはぜったいに可能ですから!

もちろん、子供の頃から「国語が得意」という人もいれば、涼すけのように「小学校3年生レベルの国語力」の人もいますので、まとまった報酬を得るまでに多少の個人差はありますが、キチッとしたノウハウで愚直に真剣に実践していけばかならず達成出来るんですよ!

マロン
よ〜し!わたしもがんばっちゃう!

 

【お金を稼ぐための8原則】

本当の意味でお金を稼ぐためには揺るぎない原則があると涼すけは考えています。

ホリエモンこと堀江貴文さんはご存じですよね?

堀江さんが提唱する「ビジネス4原則」というものがあります。

有名ですのであなたもご存じかもしれませんね。

僭越ながらこの4原則に「涼すけなり」の4原則をプラスして「お金を稼ぐための8原則」なるものを提唱させていただいてます。(1〜4が堀江さんの4原則です。)

 

  1. 小資本で始めることができる
  2. 在庫を持たない(または少ない)
  3. 利益率が高い(涼すけ的には「原価がかからない」と認識)
  4. 毎月の定期収入が確保できる
  5. 自動で稼ぐ(不労所得または労働時間が圧倒的に少ない)
  6. 場所を選ばない(在宅でも海外旅行先でも)
  7. ムダな雇用をする必要がない(外注化)
  8. レバレッジが効く(小さな努力で大きな効果を生み出す)

 

ぜひ参考にしてください。

これに合致すればそのビジネスは最高だと思いますよ!

 

アドセンスで稼げないと嘆くあなた。間違ってるのは「それ」だよ。

少しだけ話が脱線してしまいましたので元に戻しますね。

ここからは「アドセンスでまだ稼げていないあなた」「アドセンス初心者のあなた」または「これからアドセンスを始めてみたいあなた」「稼げない人特有の間違い」について解説していきたいと思います。

このあたりは基本中の基本、「イロハのイ」ですからね!

しっかりチェケラッチョしておきましょう!

マロン
ちぇ〜けら〜っ

あなたがアドセンスで稼げない理由①「諦めが早すぎやしねーかい?」

さきほども似たようなことをお話しましたが、アドセンスは2ヶ月や3ヶ月程度「ちょろちょろ」と記事を書いたくらいで報酬が入るほど甘いものではありません。

道のりは正直険しいです。

もちろん、毎日毎日毎日毎日ず〜っとず〜っとず〜〜〜〜…っと1年も1年半も記事を書き続けているのに「ぜんぜん稼げません!」と言うのであれば、明らかに他の理由で稼げていないんでしょうけど、3ヶ月から半年くらいで「稼げない」と匙を投げるのはあまりにも時期尚早というものです。

一般的にはちゃんとした記事を「100記事」書いて、やっとスタートラインに立つと言われています。

つまり「人のためになる濃いぃ〜…記事」を1日1記事、確実に投稿していったとしても3ヶ月では到達しないわけです。

マロン
ふぇ〜…。たいへんだ…。

 

ですので。

今現在まだその「濃い記事100」に到達していないのであれば「稼げてなくて当たり前」というか、「そんなん考えてるヒマがあったらサクサク記事を書け!」という、まだスタートラインにも立っていない状態なわけなんですね。

ただし。

人の役に立たない「ゴミ記事」を量産したってアクセスなんて集まりませんからね。

「慌てず急がず」人のためになる資産ブログを構築していってください。

1年かかったっていいじゃないっすか!

あなたがアドセンスで稼げない理由②「そのキーワードじゃ人は来ない!」

当ブログ「不労所得の設計図」では散々言い続けています。

わかりますよね?

マロン
はい…。

 

そうです。

アドセンスブログでpv数を稼ぎ、まとまった報酬を得たいのであれば「キーワード選定」こそ最重要課題です。

 

  • 正しくキーワード選定をしなければ検索エンジンで上位表示はされません。
  • 上位表示されなければあなたの記事に人は集まりません。
  • 人が集まらなければアドセンス広告はクリックされません。
  • クリックされなければ報酬は入りません。

 

至極カンタンな理屈ですよね?

まずは正しいキーワード選定を学びましょう。

すべてはそこからです。

 

【参考】アドセンスキーワードの選び方がわからない!?アクセスアップさせる選定方法は正直コレしかないよ!!

あなたがアドセンスで稼げない理由③「文字数が足りなすぎ!」

Googleは「そのサイトの質」を見極める手段のひとつとして「ユーザーの滞在時間(平均セッション時間)」というものを見ています。

ちなみにマロンちゃんは1記事あたり何文字くらいで書いてますか?

マロン
えっとね、500文字くらいかな!けっこう大変だよね!

 

なるほど。

それだと報酬を得るためのアドセンスブログとしてはかなり短いほうです。

マロン
そ…そうなの?

 

はい。ただしこの文字数については様々な意見があって「どれが正解か?」はわかりませんが、一般的には最低でも800文字〜1,000文字程度は必要と言われています。

ただし。

涼すけ的にはそれでも少ないのかなと思っています。

ダラダラと意味の無いことを書くのは論外ですが、ユーザーの滞在時間を上げたいのであれば、やはり最低でも1,500文字〜2,000文字は必要かと思いますよ。

ちなみに涼すけがアドセンス実践当初に意識していたのは最低3,000文字〜4,000文字です。(ちなみにいまご覧のこの記事は6,000文字ちょっとです。)

まぁ、文字だけで他人様に有益な情報を伝えていこうと思えばフツーにそれくらいは必要になってくるはずだと思いますよ。

マロン
たしかに…!

 

前述の通り、記事の文字数が少ないと「ユーザーの滞在時間」は減少します。

すると。

グーグル神はこう判断してしまいます。

 

「このサイト、滞在時間短くね?

ってこたぁ…役立たずのゴクツブシじゃのぅ…。」

 

マロン
ひぃ…!

 

ゴクツブシと判断したサイトの記事をグーグルが検索順位の上位に表示させると思います?

マロン
思わないです…。

 

ですよね。

検索順位が低ければユーザーの検索には引っかかりません。当然ですがアクセスもありません。

アクセスがなければ広告はクリックされませんので報酬が入るはずがないわけです。

マロン
はい…。

 

とは言いつつも、3,000文字規模で濃い記事を書くにはある程度の修練が必要になります。

急にそんなことをマスターできるはずもありませんので、まずは今よりもすこしだけボリュームを増してみてください。

徐々に慣れていって数ヶ月後にリライトしたっていいわけですからね!

もちろん涼すけだってそうやって徐々に慣れていったんですよ!

過去記事のリライトなんて、いまだにしまくりですから!

あなたがアドセンスで稼げない理由④「タイトルと本文の齟齬感」

せっかく良いキーワードを選んで集客出来たにもかかわらず、そのキーワードと本文の内容がズレズレの記事をたまに見かけます。

たまに?

いや、よく見かけます。笑

マロン

 

たとえばこうです。

  • 涼すけはいま、自宅の庭に置くための「イカした木製ベンチ」を探しています。(マジです。)
  • 涼すけは「木製ベンチ 庭用」と検索しました。
  • 「ご自宅の庭に置くならこの木製ベンチ!?最終結論はコレだ!!」という記事を見つけたとします。
  • 涼すけは興味津々でクリック。
  • ワクワクドキドキ記事を読み進めると…。

 

「庭に置くならやっぱりステンレスベンチでしょ!木製ベンチは腐食しちゃうから〜♪」

なんて書かれていたとしたら…。

 

ピクピク…!(怒)

おめーに関係ねぇだろが!!

ィっ…!!

 

ってなりますよね?

まぁ極端な例ですが、そんな期待に反した記事をいつまでも読んでる人なんていないはずです。

ソッコーで記事を閉じますよね?

そうするとまた「ユーザーの滞在時間」は短くなるわけです。

マロン
なるほどな〜!

 

こんなことも気にしながら「記事タイトル」や本文を書き進めてくださいね。

あなたのブログの平均セッション時間が異様に短いようでしたら、一度見直してみるといいと思います。

何度だって直せるんですから、どんどんチャレンジしてみてくださいねー!

あなたがアドセンスで稼げない理由⑤「そこはクリックしないっしょ!」

アドセンスブログを運営していて「ある程度のpv数」があるにもかかわらず、「いまいち報酬が伸びねーなー…。」なんて悩んでいる人もいると思います。

この原因のひとつが「広告の位置が悪い」ということです。

マロン
広告の位置か…。

 

はい。

これって収益に直結する部分ですからね。

非常に大切なんです。

もちろん広告の種類も大切なんですが、まずは広告の位置を研究してみるといいと思いますよ。

けっこうよくある勘違いなんですけど、サイドバーに馬鹿デカい広告(ラージスカイスクレイパー)をドーンと貼っている人がいますが、アレはかなり無意味です。(涼すけの経験上では。)

サイドバーはクリックされないと思って間違いないですよ!

あとは「ちょっとカッコイイ」という理由で涼すけもまだ外してないのですが、本文上や本文下のダブルレクタングルもあんまし意味ないですねー。

詳しくはまた別記事で詳しく解説しますが、基本はやっぱり導入文(イントロダクション)の下なのかなと。

まぁ、とは言いつつも、この広告位置に関しては「サイトデザイン」や「サイトのテンプレート(テーマ)」によってもかなり変わってきてしまいますので、いろいろテストしてみるのがいいと思います。

 

【参考】アドセンス広告で最適な位置は!?広告の種類でもクリック率は上がる!!

アドセンスで稼げないなんてモッタイナイ!早く初心者から抜けだそう!

どうです?

マロンちゃん的にもいろいろわかってきたんじゃないですか?

マロン
うん!なんかすっごいわかってきた気がする!

 

それはよかったです!

さて。あなたがアドセンスで稼げない理由を様々な視点から解説してきましたが、これらのことを平たく言えば「アドセンスは正しい方法で実践しましょう!」ということに尽きます。

 

  • 早い段階でカンタンに諦めるのはナシにして
  • なにしろキーワード選定を重視して
  • 正しいタイトルとそのタイトルに沿った文章を書き
  • しっかりと文字数もかせぎ
  • ドッカドッカ集客して正しい位置に配置した広告をクリックしてもらう

 

こんな流れですよね。

この流れをしっかりと守れば「ぜんぜん稼げません。」などということはあり得ませんから。

マロン
でも、もっともっと具体的にしっかり勉強してみたいな…。

 

なるほど。たしかにそうですね。

でしたら「グーグルアドセンスに特化した専門マニュアル」を読んでみるといいかもしれません。

今日だってこんな「知った風」なゴタクを並べてますが、結局は涼すけだってマニュアルの受け売りですから。笑

マロン
そうなのー!?

 

涼すけが読んで勉強し実践した「アドセンスマニュアル」は以下の記事でわかりやすくまとめてますので、興味がある人は読んでみてくださいね^^

 

「グーグルアドセンスマニュアル」を背後からそ〜っとチョロ見する

 

それでは本日は以上になります。

最後までお付き合い下さいましてありがとうございました。

ではまた^^