フトシ

はやくブログアフィリエイトで稼いでお金持ちになりたいなー。

毎日ブ〜ラブラ、ゴ〜ロゴロしてね、1日3食「ちゃっちゃ系ラーメン」食べるの。楽しみだな〜。

マロン
フトシくんってある意味、目標が明確よね。笑
涼すけ
頼もしいね。笑
涼すけ

今回はその「ブログでの収益化」に関してなんだけどね、以前お話したペルソナデザイン同様に、ブログを始める上でもうひとつ大切なポイントがあるんだ。今日はそのことについて解説していくよ。

フトシ
マロン
もうひとつのポイント?

 

女の子テーマ

 

ブログ収益を最大化するためにブログのテーマを明確にしますよ

 

涼すけ
うん。それはね、「テーマの選定」とその「明確化」なんだよね。
マロン
テーマの選定…。
フトシ
明確化…。(また難しそうだな〜…)
涼すけ

この「テーマの選定」っていうのはね、キーワード選定云々の手前の話なんだ。

例えば、オフラインのリアル店舗で言えば「ウチの店は〜屋ですよ」ってことと同じかな。

オープンする店は「ラーメン屋」なのか「焼肉屋」なのか「ガソリンスタンド」なのか「コンビニ」なのかってことを事前に提示する必要があるでしょ?

これはオンライン上でもまったく同じなんだよね。「ウチのブログは○○○を取り扱っているブログです」って決めちゃわなきゃ、お客さん(訪問者さん)が困っちゃうもんね。

これが「テーマの選定」なんだよ。

フトシ
ほぇ〜〜っ!!確かにその通りだ!!
マロン
当たり前のことだけど、テーマの選定を明確にするって意外とちゃんとやってない気もするわね!
涼すけ

でしょ? この「テーマの選定」はどんなwebサイトを始める場合でも「収益を得ること」が目的の場合は絶対に必要になるんだ。

もちろん収益化を見据えていない趣味ブログであればまったく関係ない話なんだけど、僕らが目指すのはあくまで「収益の最大化」だからね。絶対に軽く見積もっちゃダメなんだよ。

しっかり稼いで、1日3食ちゃっちゃ系ラーメン食べるんでしょ?笑

フトシ
うん!!
マロン
涼すけ

この「テーマの選定」を怠ってしまうと「いつまで経っても稼げないブログ」の記事更新を延々と続けることになっちゃうんだ。これはツラいよ〜。

「このままやってても稼げない」ってことに気づいてない場合は本当に可哀相なんだよね。

僕も商売柄、いろいろなwebサイトをチェックするんだけどさ、「このままじゃ10年やっても稼げない」って感じるブログはかなりあるよ。

フトシ
へー!!おそろしいね!!
マロン
私も頑張らないと。
涼すけ

無料ブログにせよ、独自ドメインを取得してWPで運用するにせよ、テーマ有りきは変わらない。

しっかりとした収益を得たいならね。

「キーワード選定」も「SEO」も「商材選び」も「正しくテーマを選定」しないとまったく無意味なんだ。

どんな素晴らしいお宝キーワードで検索1位になったって、どんなに素晴らしい商材があったって、ブログ自体のテーマと中身が違ったら収益を得ることはまず不可能なんだよね。

涼すけ
じゃ、実際の選定基準とその方法を解説していくね。
フトシ
はい!!
マロン
はい!

 

どうやってテーマを決めるの?

 

涼すけ

まずは絶対にブラしちゃいけないのが「稼げる」テーマ(ジャンル)にすること。

収益化が目的でブログを作るんだから、当たり前っちゃ当たり前なんだけど、ここでいきなり間違えちゃう人がいるんだよね。

マロン
稼げるテーマ…。
フトシ
…。
涼すけ

自分の得意なことや好きなことなら記事更新もラクだから継続しやすいよね?

もちろん好きなことで稼げればそんな良いこともないけどさ、そんな甘いもんじゃないんだよ。この世界って。

自分で言うのも何なんだけど、僕は元々まぁ俗に言う「一流コック」なんだよね。

このジャンルの記事なら1日最低5記事は書けると思う。それも1記事1万字程度で且つ、濃い記事で訪問者さんにとって有益なものをね。

でもさ、稼げないんだよね。料理ジャンルは。だからね、捨てたよ。サクッと。

意味ないじゃん。稼げないなら。

フトシ
すごいよね!
マロン

私、りょうちゃんのお店行ったことあるんだけど、すっごい美味しいのよ!なんかすごくもったいないけど料理ジャンルは稼げないんだ!?

涼すけ

稼げるテーマ(ジャンル)には、古今東西いつの時代でも通用する普遍的なものがあるんだ。

人間の飽くなき欲望っていうのかな。

この「かけるハシゴ」を間違えれば稼ぐことはかなり難しくなるだろうね。

頭を悩ませないためにも、かけるハシゴを間違えてしまわないためにも、「正しくテーマを選定」するために、いくつかのポイントを整理して解説していくね

フトシ
はいっ!!
マロン
お願いします!!

 

どんなテーマにすればいいのかしら?

 

犬とおっさんテーマ

 

涼すけ
具体的にどんなテーマ(ジャンル)が稼げるのかというと…

 

 お金儲け

(株式やFX等の投資関係、ギャンブル攻略系、アフィリエイト等のネットビジネスなど)

 

 男女間の悩み

(浮気、不倫、恋愛、復縁など)

 

 コンプレックス

(薄毛、痩せたい、話し下手など)

 

涼すけ
この3本柱は間違いのない普遍的テーマ(ジャンル)と言えるんだ。
フトシ
たしかに欲望が渦巻いてるねぇ…。
マロン
お金払いそう…。
涼すけ
そしてこの3本柱には共通している大事なことが2つあるんだ。
マロン
共通してること?
フトシ
なんだろ…?
涼すけ

ひとつ目は、そのテーマ(ジャンル)自体にしっかりとした「需要」がある。

ふたつ目は、そのテーマ(ジャンル)に関する商品、商材が多数存在する。(売るべきものがあり、商品単価が高い)

このふたつが本当に大事なんだよね。

収益化を目指すブログにおいて、掲げたテーマに対して興味や関心を抱く人が多ければ多いほど、そのブログは成功に近づくでしょ。

逆に、発信する情報そのものに需要がなければ残念ながらそのブログは根本的に成り立たないんだ。

マロン
そうよね!需要がなければ売れないし、商品が無ければそもそも売ることが出来ないもんね!
フトシ
だからさっきの3本柱から選ぶのか!
涼すけ
そして上記2点と同様、もしくはそれ以上に大切なポイントがもうひとつあるんだ。
マロン
えっ!?
フトシ
なに!?
涼すけ

選んだそのテーマ(ジャンル)での情報発信をちゃんと継続出来るか?

これがす〜っごい大事。

もちろん仕事だと割り切って淡々とやるのも大切なんだけど、有益な情報発信ということになると、そのテーマや記事に対しての情熱や意欲は絶対に必要じゃん?

たとえば僕はギャンブルは一切やらないし、存在理由さえも見出せないタイプの人間だから、いくらギャンブル系のテーマが稼げると言われても情熱や意欲を持って継続していくことは困難だと思う。

どこか無機質なコンテンツになっちゃうんじゃないかな。それじゃ本末転倒だもんね。

マロン
そっかー。
フトシ
ほんとそうだわ。

 

テーマ選定は落としどころが大事

 

涼すけ

選んだテーマが稼げる市場だとしても、まったく興味が無ければ情熱や意欲が出てこないから継続が困難。

逆に好きなことや得意なことをテーマにすると執筆は容易になるけど、そもそも需要がなければその執筆作業は徒労に終わる。

むずかしいよね。むずかしいけどさ、極端に考え過ぎちゃうと、なかなか決まるもんも決まらないからね。

選定の落としどころを見つけてバシッと決めちゃうといいよ。

要は「稼げるジャンル」と「続けられるジャンル」のバランスが大事。

稼げるジャンルと自分の興味があるジャンルがお互いに交わる部分が多少はあるはずなんだよね。

稼げるテーマの中にさ「得意分野」とまではいかなくても、以前から「機会があれば勉強してみたいな」って思ってたことってけっこうあると思うよ。

フトシ
たしかに…。投資関係は勉強したいなって思ってた…。
マロン
私もちょこちょこ思い当たる…。
涼すけ

でしょ?

べつに今現在、そのことに対して知識がなくてもぜんぜん関係ないよ。これから勉強すればいいんだから。

興味があれば情熱や意欲が生まれるから継続出来るでしょ?

今まで自分が知らなかった新しい知識を得るとすっごい楽しいしね!

マロン
そっかー。これからしっかり勉強していけばいいんだもんねー。
フトシ
なんか目からウロコだ…!

 

稼げるテーマの選定 ここまでのまとめ

 

  • テーマの選定はどんなwebサイトを始める場合でも「収益を得ること」が目的の場合は絶対に必要になる。
  • テーマの選定を怠ってしまうと「いつまで経っても稼げないブログ」の記事更新を延々と続けることになる。
  • お宝キーワードや良い商材があっても、ブログ自体のテーマと中身が違えば収益を得ることはまず不可能。
  • 「稼げる」テーマ(ジャンル)にすることが大切。
  • いつの時代でも通用する普遍的なものは、「お金儲け」「男女間の悩み」「コンプレックス」
  • テーマ(ジャンル)自体にしっかりとした「需要」があり関連する商品、商材が多数存在する。
  • 選んだそのテーマ(ジャンル)での情報発信を継続出来るかを見極める。
  • 「稼げるジャンル」と「続けられるジャンル」のバランスが大事。ふたつが交わるテーマで参入する。

 

涼すけ
さて。
フトシ
ん?
マロン
涼すけ

ここまでアフィリエイトをするために絶対間違えちゃ行けない「稼ぐブログのテーマ」についていろいろと解説してきたけど、なかには例外的に「テーマを決めなくてもいい」ものも存在するんだ。

マロン
そうなのー!?
フトシ
ぼくそれがいい…!
涼すけ

もちろんこれは賛否両論あるから絶対というわけではないけど、少なくとも「涼すけの経験上」においては間違いないと言える。

マロン
知りたい!
フトシ
テーマの選定なんてメンドクサイもん…。
涼すけ

それはね、「アドセンスブログ」なんだ。

マロン
あど!
フトシ
せんす!

アドセンスブログはテーマを決めなくても大丈夫!!

涼すけ

よく「アドセンスを実践するためのブログは徹底して特化型のブログにしましょう!」なんて記事を見かけるんだけど、涼すけの経験上はまったくそんなことはなくむしろ逆。

マロン
えっ!?

涼すけ

たぶんなんかの教材の受け売りで書いちゃってるんじゃないかな?

もちろん特化型ブログが悪いわけではないし、3つも4つもサイトを立ち上げるのであればかなり有効な手段ではあると思う。

けどね、初心者がそんなにたくさんのサイトを管理できる?

フトシ
ぼくは無理…。

涼すけ

例えば、どんなにウォーキングが好きでも「ウォーキング記事」を100200も書けるかな?

ぼくはちょっと無理。だって単純に飽きちゃうもん

マロン
たしかにー!そんな書き続けられないわよね!
涼すけ

でしょ?だからね、アドセンスを実践するのであれば「テーマを決めなくてもいい」というよりも「テーマを決めないほうがいいというのが正しいニュアンスなのかも。

一般的には「雑記ブログ」なんて呼ばれるタイプのものだね。

アドセンスブログは具体的にどうすればいいの?

フトシ
じゃーさ…。具体的にどうすればいいの?
マロン
うん…。
涼すけ

あー。そんなにむずかしく考えないで。答えはカンタンだよ。

フトシ
かんたん!?
マロン
涼すけ

うん。「好きな記事」「書きたい記事」を書けばいいの。

フトシ
好きな記事!?
マロン
書きたい記事!?
涼すけ

そうなんだよ。意外でしょ?

ただし、GoogleAdSenseには厳しい規約があるからそこは確実に遵守しようね。

アダルト関係、兵器関係、ドラッグなんかは論外。

他にも「ワインはいいけどビールはダメ」とか、まぁ様々なルールが存在するんだ。

マロン
へ〜…!
涼すけ

あと、さっき「好きな記事」「書きたい記事」を書けばいいって言ったけど、日記とかはやめておこうね。

僕らは芸能人じゃないんだから、だれも僕らの日常になんか興味ないじゃん。

フトシ
たしかに…。
涼すけ
でしょ?
マロン
うーん…。なんでもいいって言われちゃうと逆に困っちゃうかも…。
涼すけ

なるほどね。たしかにそれはあるかも。

でもそんなにむずかしく考えないで。

ポイントはね、「人が知りたいと思うであろう内容」かな。

涼すけ

例えばさ、急に結婚式に行くことになったら「ご祝儀の相場」とか「無難な服装」とかって知りたくない?

マロン
知りたーい!
涼すけ

だよね?

もっと言ったらひと言に「ご祝儀相場」って言っても、友人なのか?同僚なのか?上司なのか?部下なのか?昔お世話になって人なのか?とかでけっこう変わってくるでしょ?

フトシ
変わってくる…!
涼すけ

他にも、例えば梅雨が長引いたら「梅雨っていつごろ明けるんだろ…」って、世の中の人は気になるよね。

そうするとその人たちは「梅雨明け 関東」とかで検索するわけ。

それを前もって記事にしておくの。

ちなみに僕が運営する雑記ブログの「とある天候系の記事」はさまざまなキーワードで気象庁をおさえて1年以上検索1位を獲得してるよ。

まぁ、これはあくまで一例だけどさ、そういうことを徹底的に調べ上げて記事にして集客するんだよね。

マロン
すごいすごい!それならテーマなんて無限にあるじゃん!
涼すけ

まぁたしかに無限っちゃ無限だね。

あとはその無限にあるテーマをサイト内でしっかりとカテゴリー分けしておくといいよ。

フトシ
ぼく、アドセンスブログにしよー…!
マロン
わたしも!
涼すけ

そうだね。初心者にはいちばんやりやすいアフィリエイトだからいいと思うよ。

アドセンスは収益というリターンも早いから、しっかりと自信と実績を積み上げてみてね!

【ブログアフィリエイト】稼ぐテーマの決め方は正直コレしか無いよ!! まとめ

いかがでしたか?

本日は「【ブログアフィリエイト】稼ぐテーマの決め方は正直コレしか無いよ!!」と銘打ち、アフィリエイトブログのテーマ選定についてや、テーマの選定を必要としないアドセンスブログについて詳しく解説してきました。

前述しましたが、まずはアドセンスでしっかりと「自信」「実績」を積み上げてから、その他のアフィリエイトを始めるととってもスムースですし、失敗も少ないと思います♪

マロン
わたし、アドセンスについて詳しく勉強してみたいな!
フトシ
なんかおすすめの教科書ってあるの!?

 

そうですね。でしたらグーグルアドセンスに特化した「アドセンスマニュアル」を読んでみるといいかもしれません。

今日だってこんな「知った風」なゴタクを並べてますが、結局は涼すけだってマニュアルの受け売りですから。笑

マロン
そうなのー!?

 

涼すけが読んで勉強し実践した「アドセンスマニュアル」は以下の記事でわかりやすくまとめてますので、興味がある人は読んでみてくださいね^^

 

「グーグルアドセンスマニュアル」について詳しく知りたい